W杯-4位のサッカーブラジル代表

基本情報:

  サッカーブラジル代表(伯: Seleção Brasileira de Futebol)は、ブラジルサッカー連盟によって編成される男子サッカーのナショナルチームである。FIFAワールドカップにおいて唯一、2014年大会までの20大会全てにおいて本大会出場を果たしており、単独最多となる5度の優勝経験を有する世界を代表するサッカー大国である。2018年ロシア大会南米予選では、ネイマールの不在により序盤6試合は2勝しかできず予選敗退ゾーンの6位まで転落したが、その後はリオデジャネイロオリンピックで優勝するなどムードを良くすると同時に一気に8連勝し、ワールドカップ予選通過第1号で本大会出場を決め、同時に連続本大会出場記録が「21」に伸びた。

歴史上ブラジル:

  FIFAワールドカップにおいて唯一、2014年大会までの20大会全てにおいて本大会出場を果たしており、単独最多となる5度の優勝経験を有する世界を代表するサッカー大国である。ワールドカップ優勝国の中ではスペインと同様に地元開催での優勝経験が無い。コパ・アメリカでは8回優勝している。これは15回のウルグアイ、14回のアルゼンチンに続いて3番目に多い回数である。FIFAランキングで1位になった経験を持つ8チームのうちの1つでもある。

2014のブラジル代表:

  2014年大会は開催国として予選免除での本大会出場、丁度20度目の出場となった。ネイマールを中心にチームは勝ち進んだものの、ベスト4を争ったコロンビア戦は勝利を収めながら、チームの核であるネイマールが負傷。キャプテンでセンターバックのチアゴ・シウバがイエローカードを貰い次戦累積により出場停止という不運が重なった。それが影響したのか決勝を賭けて争ったドイツ戦では、前半に5失点するなど1-7と大敗を喫した。これは3大会ぶりの決勝進出を逃しただけでなく、ワールドカップの決勝トーナメント史上初の7失点という不名誉な記録も残してしまった。この敗戦は、「マラカナンの悲劇」にちなんで「ミネイロンの惨劇[4](ベロオリゾンテの惨劇など)」(Mineiraço)と呼ばれている。前回大会の準々決勝で敗れたオランダとの3位決定戦でも0-3と敗れ、10大会ぶり2度目の4位に終わった。南米大陸開催のFIFAワールドカップで、開催国が3位以内に進出できなかった初の例となった。また11得点に対し、14失点(出場した大会中、ワースト記録)と1966年イングランド大会以来11大会ぶりに失点数が得点数を上回ってしまった。

ブラジル代表 ユニフォーム:

  歴代ホームユニフォームは黄×緑を基調でデザインした。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*