W杯-準優勝のサッカーアルゼンチン代表

基本情報:

  サッカーアルゼンチン代表(スペイン語: Selección nacional de fútbol de Argentina)は、アルゼンチンサッカー協会(AFA)により組織されるアルゼンチンのサッカーのナショナルチーム。エル・モヌメンタルをホームスタジアムとしている。FIFAワールドカップで優勝経験のある世界を代表する強豪国の一つである。

歴史上アルゼンチン:

サッカー大国であり、ディエゴ・マラドーナを筆頭にサッカー史上に残る名選手を多く輩出し、ブラジルと並ぶ南米の強豪として知られている。代表チームはFIFAワールドカップの常連であり、優勝2回、準優勝3回を誇る。1978年には、FIFAワールドカップ・アルゼンチン大会が行われた。国内リーグもCAリーベル・プレート、ボカ・ジュニアーズ、CAインデペンディエンテ、ラシン・クラブ、CAサン・ロレンソ・デ・アルマグロなどの名門クラブが鎬を削っている。

2014のアルゼンチン代表:

2014年のワールドカップブラジル大会では、南米予選を首位で突破し、出場した。攻撃陣にメッシ、アグエロ、イグアイン、ディ・マリアといった世界クラスの選手を擁し、大会前から、開催国であるブラジル、前回王者であるスペイン、そしてドイツと並ぶ優勝候補の一角に数えられた。グループステージではエースメッシが全試合でゴールを挙げる大活躍で3連勝し、決勝トーナメントに進出した。しかし、一転して決勝トーナメントでは攻撃陣が機能せず苦戦を強いられた。しかし、安定した守備がこれを支え、無失点で決勝進出を決めた。決勝ではドイツと対戦。互角の戦いを見せ、延長戦にまでもつれ込んだが、延長後半に失点し、準優勝に終わった。メッシはこの大会のMVPに輝いた。大会後にサベーラ監督は辞任した。

アルゼンチン代表 ユニフォーム:

ホーム用ユニフォームはアルゼンチンの国旗に由来する空色と白色の縦縞のシャツ、黒色のパンツ、白色と黒色のソックスである。アウェー用ユニフォームはたいてい紺色のシャツだが、パンツとソックスの色は様々である。何度かはこの通りでないユニフォームを着用しており、そのひとつがブラジルサッカー連盟によって慈善大会として計画された1919年のコパ・ロベルト・チェリーである。この大会でアルゼンチン代表はウルグアイ代表によく似た(縦縞がない)空色のシャツを着用してブラジル代表と戦った[25]。ロベルト・チェリーは1919年の南米選手権に出場したウルグアイ代表の控えキーパーであり、チリとの試合中に倒れて死去していた。また、スウェーデンで開催された1958 FIFAワールドカップにはアウェーユニフォームを持参しておらず、地元のIFKマルメのユニフォーム(黄色)を借りて西ドイツ戦に臨んだ。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*