W杯-優勝のサッカードイツ代表

基本情報:

  サッカードイツ代表(ドイツ語:Deutsche Fußballnationalmannschaft ドイチェ・フースバルナツィオナルマンシャフト)は、ドイツサッカー協会(DFB)により編成されるサッカーのナショナルチームである。愛称はマンシャフトMannschaft](独語で“チーム”、“集団”の意)である。サッカードイツ代表は世界を代表する強豪国の一つである。

歴史上ドイツ:

  政治的な理由のために、第二次世界大戦後のドイツ、東ドイツ、西ドイツ、ザール保護領に分割は、国際大会に参加するために、自分の地域のチームを設定しました。再び「ドイツ」に1990年10月3日のドイツ再統一までの国際大会に代わって。経済、科学、哲学、芸術、スポーツや他の分野で世界をリードしてきたように、サッカー才能豊かな選手は、多くの栄誉を獲得した。ドイツは、伝統的な体力と技術の完璧な組み合わせで任意の技術的、戦術的なプレイフットボールですべての周りのスタイルに適応することができます。

2014のドイツ代表:

  2014年のワールドカップブラジル大会では、1次リーグ・グループGを2勝1分けで1位通過、決勝トーナメント初戦のアルジェリアには延長までもつれて苦戦したものの2-1で下し、準々決勝では1-0でフランスを退け、4大会連続の準決勝進出を決めた。

ドイツ代表 ユニフォーム:

  ユニフォームは白いシャツとソックス、黒いパンツをホーム用に用い、現在の国旗(プロイセン王国の国旗が白と黒である)の色をチームカラーとしない(他にイタリア、オランダ、日本などがある)珍しい仕様である。エンブレムはドイツの国章であるワシをアレンジしたものでモノクロで(ユニフォームのデザインによって黒地に白抜きのネガになる場合がある)三重の円で囲み、その上にDEUTSCHER(ドイツ)、下に BUNDES FUSSBALL BUND(サッカー協会)をそれぞれ配している(外円の下の部分が国旗の黒、赤、白に区切られる)。さらにW杯優勝を示す星を4つ配している。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*